産後うつの問題

近年問題になっている鬱症状

出産後の女性に増えているのが、産後鬱という症状です。この産後鬱とは、子どもを出産してから2週間以上の気分の落ち込みが見られる症状です。その他の症状としては、訳もなくイライラする、集中力が低下してしまう、急に涙もろくなる、睡眠不足などがあります。 なぜ産後に鬱になるかというと、体は出産後に妊娠前の状態に戻るためにホルモンバランスが乱れるからです。よって、心と体が不安定な状態になるので、産後鬱になりやすいです。また、産後というのは、赤ちゃんのおむつ替え、授乳、寝かしつけなど色々と仕事があります。初めて赤ちゃんを産んだ女性は、慣れない生活に戸惑いがちになります。そのストレスによって、鬱症状が引き起こされます。

産後うつにならないためには

産後にうつを発症しないためには、いくつかの注意点があります。その1つが、育児本を鵜呑みにしないことです。もちろん初めて育児をする女性にとって、育児本はとても心強いです。けれど、子どもというのは全員同じというわけではないので、育児本通りにいかないことがほとんどです。育児本通りでないとイライラにつながり、鬱に繋がります。なので、育児本は参考程度にとどめて、不安なことは周りの子育ての経験がある方に聞いてみると良いです。 その他の鬱にならないための方法は、きちんと睡眠を取ることです。母親は、赤ちゃんが寝ている間に家事をしようと考えがちです。ですが、人間は睡眠不足になると、精神が不安定になってしまいます。なので、だんなに協力してもらって、睡眠時間を確保したほうが良いです。

うつの状態を解消するためには

鬱病を発症した場合には、まず仕事などストレスがかかる場所から離れたほうが良いです。自分が嫌いな人とは会わなかったりと、好きでないことはしないというわがままが治療には大事です。そもそもうつ病を発症させたのは、今までの生活環境が発端といえます。だから、治療には普段の日常から離れることが有効です。 その他の鬱を解消する方法は、積極的に犬などの動物と戯れることが効果的です。昨今では、アニマルセラピーと呼ばれる動物と触れ合うセラピー方法がとても有名です。人間というのは、動物の体に触れていると、緊張がほぐれストレス解消効果を得る事ができます。なので、心が疲れて鬱に苦しんでいる方は、動物と積極的に交流を持つと良いです。