うつ病をチェック

鬱病の症状かと思っったらチェック

近年増加の傾向にある鬱病ですが、誰でもなる可能性のある病気です。 症状としての特徴は、以前より行動が遅くなった、意欲が無くなった、憂鬱な気分になる、寝つきが悪く朝の寝覚めも悪い、不眠症、すぐ落ち込むようになるなどの気分的、精神的な症状と体の歪みの原因の頭痛、吐き気、腰痛、肩こり、めまいなどがあります。体の症状の場合は気づきにくいですが、鬱病専門も考えてみる事も早期発見に繋がる事があります。少しでも気づきがある場合は病院や専門家の診断やカウンセリングなどを受信される事をお勧めします。家族や周囲の人も症状がある場合はお勧めした方が良いです。 自分や周囲の方が診断される時は、付き添いをお願いされた方が良いです。誰かと一緒に受信されてください。

誰でもなる病気なので理解しよう

鬱病は近年のストレス社会で誰もがなる可能性のある病気です。 きっかけは人により様々ですが、完璧主義者で真面目な人に多く見られますので、自分の存在が認めれていない、仕事で失敗をしてしまったなどの原因もあります。 最悪な場合は、自分自身の存在を否定してしまう事です。 自分は必要ないのではないか、自分の存在がダメなのではないかと考えて自殺願望が出てくる事です。大切な人がこのような症状で苦しみ悩むのを考えたら悲しい事です。 自分が鬱になっても周囲の人が鬱で苦しんでも協力を求めたり協力したりして治療に役立てます。薬の処方と併用して治療する事が望ましいです。 早期発見が早期治療になり、鬱患者も周囲の人も苦しみが早く減るようになると良いです。