接し方を考える

接し方を工夫するだけで症状は改善します

鬱病は誰しもかかってしまう可能性のある病気です。同じ状況下にあったとしても、ストレスの感じ方は人それぞれです。責任感があり頑張っているつもりだったのに、何かに失敗して強く責められたことが原因で鬱病になってしまう人が増えています。また最近では「新型鬱病」と呼ばれるタイプの症状を抱える人も急増しています。社会に出ている以上、誰かしらと関わっていかなくてはなりません。もし自分の部下に鬱病の患者さんがいた場合、接し方に気を遣ってあげるだけで症状が改善方向に向かう可能性もあります。具体的には翌日に気持ちを引きずらないように、1日の仕事の終わりには比較的簡単に目標を達成できるような仕事を与えてあげることです。

最近流行っている新型鬱病について

しかし新型鬱病というものはなかなか判断が難しいものとされています。新型鬱病の場合、仕事や学校などからは逃避しようとするのですが、それ以外の遊びでは元気になっていることが多いためです。普通に見たらサボっているだけと思われてしまうことも多々あります。しかし本人はストレスを大きく感じており、夜なかなか寝付けなかったり、嫌なことがある前には猛烈な吐き気に襲われてしまい、日常生活に支障をきたすような症状が出ることもあります。新型鬱病の人の特徴として、何かあったとき、「自分はこんなに頑張っているのに周りが認めてくれない」など、責任を周囲に見出そうとします。新型鬱病の場合、従来の薬が効きにくいという特徴もあります。症状や原因がさまざまなところにあるため、一人ひとり細かいカウンセリングを行う必要があります。

鬱に発展しやすい生活習慣

心の病気として、最近認知されつつあるのが鬱病です。この鬱病というのは、一日中、無気力な状態が続いて、食欲、睡眠欲が低下する症状です。ひどいケースになると、自殺に発展する場合もあります。 実は、鬱病は生活習慣と密着に関係していると言われています。たとえば、毎日の生活で5杯以上のコーヒーを摂取する人は鬱になりやすいです。というのも、コーヒーに含まれるカフェインには、血流異常を起こす可能性があるからです。そのため体内のホルモンバランスが崩れ、精神が不安定になります。 他にも、インターネットを長時間やる方は、鬱症状に陥りやすいです。インターネットはたしかに便利ですが、長くやると現実世界に戻るのが憂うつになってしまいます。なので、程ほどに楽しむことが大事です。

うつの方への正しい対処方法

友人や家族などが鬱症状を起こした場合、ほとんどの方はどのように対応すれば良いか戸惑ってしまいます。正しい対応方法は、まず本人の話をじっくり聞いてあげることです。この時の注意点は、絶対に意見やアドバイスをしないことです。ただ、相手の話を聞いてあげることで、心身の負担を減らすことができます。そして、相手がまだ話したくないようなら、いつでも話を聞くというスタンスを取ると良いです。 その他の鬱症状がある人への対応方法は、簡単な家事を任せることです。うつで休んでいる本人は、家族に負担をかけていると思いがちです。そこで、ごく簡単な家事を頼むことで、心のストレスを減らすことができます。洗濯物を畳んだり、部屋の掃除など簡単にできるものをお願いすると良いです。

鬱がもたらす具体的な症状

日本の現代病として知られるのが、鬱病です。鬱病とは、憂鬱感や、無気力な状態が長い期間続く精神疾患です。鬱はいきなり症状が起こるのではなく、まず最初の兆候として体調不良が続く傾向があります。たとえば、食欲不振、不眠、頭が重い、肩凝り、腰痛、めまい、吐き気などの症状です。このような体調不良が続いた後、不安感、自責感などのうつ症状が表れ始めます。さらにひどくなると、自分には能力がないなどと思い込み、やがて自殺を図るようになります。 うつ病が発症する要因は、仕事や日常生活での過度のストレス、大きな環境の変化によるものです。たとえば、仕事での昇進、左遷、新しく引っ越しをしたなど環境が変化することで、起こります。鬱症状を確認したら、早めに病院で診てもらう必要があります。

注目インフォ

産後うつの問題

出産した後にうつ状態になる産後うつが問題になっています。出産後にホルモンバランスが崩れる事によってうつ症状を引き起こしてしまいます。産後うつを引き起こしている人には、適切な接し方でストレスを与えないようにしましょう。

Read More

産後うつを防ぐ

産後うつ病に掛かりやすいのは、完璧主義者の性格をしている女性です。1人で抱え込まないように接し方を工夫しましょう。パートナーが心のケアを行いながら二人三脚で子育てに取り組みましょう。

Read More

接し方

うつ病の症状が出る兆候があります。周囲の人間がその兆候に気付き、早期に治療を行なうことで治癒が早まります。うつ病の前兆を把握して、周囲の人をよく観察するようにしましょう。

Read More

急増するうつ

近年、日本ではうつ病の症状が出る患者が急増しています。うつ病に苦しんでいる方が周囲にいた場合は接し方に配慮が必要です。対応を間違えると症状の悪化を招きます。まずい対応について知りましょう。

Read More

うつ病をチェック

うつ病を自覚していないという人がいます。うつ病の症状が出ているかどうかのチェックを行なって、項目に当てはまるものがあれば病院に行ってカウンセリングや治療を受けるようにしましょう。

Read More